コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
ログイン
セクション
現在位置: ホーム 書籍一覧 Plone 4 Book

『Plone 4 Book』

表紙中

監 修:株式会社CMSコミュニケーションズ
著 者:鈴木 たかのり、寺田 学、永井 孝、中西 直樹、堀田 直孝、本多 重夫、本多 誉子、間中 宏修、安田 善一郎
ISBN:978-4-903408-02-6
価 格:3600円(税抜き)
版 型:B5変型版
頁 数:388
発売日:2011年10月

 

Amazonで購入する

BookParkで購入する

達人出版会で電子書籍を購入する

『Plone 4 Book』は、コンテンツワークス株式会社が提供する「BookPark」サイトおよびAmazon.co.jpよりご購入できます。また、電子書籍は達人出版会からご購入できます。

 

エンタープライズCMS Plone

最初から規模の大きなサイトのコンテンツ・マネジメントに耐えうるように設計されている

 

現在では、オープンソース、商用を含めさまざまなCMS があります。MovableTypeやWORDPRESS といったブログ用として開発されたアプリケーションもCMS の1つと言えます。コンテンツの登録も公開も同一人物で行うような小さな組織で、全体で10 ページ程度のサイトであれば、それでも十分実用になるでしょう。しかし、数百、数千点のプロダクトを紹介するような製品カタログサイトや、企業内で1,000 人のユーザがセールスツールを効果的に共有することを目的としたり、コンテンツごとのアクセス制限を設けるようなエンタープライズレベルの要求に応えることはできません。つまりCMS といっても、サイトの規模やサイトに掲載する情報をマネジメントする組織の規模などによって適切に選択する必要があるわけです。

Plone はプログラミング言語Python とWeb フレームワークとなるZope 上で開発されており、パッチワークのような動作環境となるCMS とは一線を画しています。つまりPlone は、最初から規模の大きいサイトのコンテンツ・マネジメントに耐えうるように設計されているのです。それが「Plone はエンタープライズ指向である」ということです。

とは言っても、Plone を利用することでメリットが得られるのは大規模なサイトだけではありません。中小規模のサイトであっても、Plone の柔軟なコンテンツ管理機能や認証機能、ユーザマネジメント機能から大きなアドバンテージを得ることができます。

本書は、このエンタープライズ指向オープンソースCMS として知られるPlone の最新版であるPlone 4の紹介および使い方を解説する本です。Plone を初めて使うという方でも迷うことのないようにインストールからやさしく解説するとともに、すでにPlone を使っているという方にも有用な情報を提供するようにしています。

Plone の開発は、世界各地でオープンソースとして進められており、欧米をはじめ広く普及しています。しかしながら、日本語で読めるドキュメントが少ないため、日本ではPlone の使用が敬遠されることも少なくありません。商用CMS に負けない強力な機能を備え、一般的なWeb サイト用CMS としてはもちろんのこと、社内イントラネットへの適用など、さまざまな応用が可能なアプリケー
ション、それがPlone です。このPlone の最新版の使い方を紹介し、導入の手助けをするのがこの本の目的です。

この機会に本書を入手し、パワフルなWeb サイト作成ツールとして、Plone を活用してみませんか?

BookParkで購入する

 

著者紹介

鈴木たかのり
会社で使うための情報共有するツールの基盤として、当時流行りかけていたXOOPSにはどうしても馴染めずZope と出会う。その後Plone 1.0 から使い始めて「Plone 完全活用ガイド」(技術評論社)を共同で書いたり、Plone Conference に行ったレポートをgihyo.jp に載せたり、Python mini Hack-a-thon を毎月開催したりしている。
先に新機能をこの書籍に書いてからATGoogleMaps 0.7 をリリースしたということはここだけの秘密。
フェレットとレゴが好き。行ったことがないレゴランドはカリフォルニア。五十音順にしたら最初に名前が来ちゃってすいません。
http://takanory.net/

寺田学
(株)CMS コミュニケーションズ(http://www.cmscom.jp)代表
Zope/Plone の専門家として、大学系・公共系などのCMS コンサルティングや構築を手がけている。Plone コアコミッターとして、Plone 4 の日本語検索部分を担当した。
その他にもオープンソース各種プロダクトを公開している。また、国内ではPloneUsers Group Japan にて中心的に活動を行っている。
事業以外に、一橋大学大学院で客員准教授として「デジタルメディアの実践」を担当し授業にPlone を取り入れている。共著書に、「Plone による簡単Web コンテンツ入門」(秀和システム)、「FFmpeg で作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)、他がある。

永井孝
Zope でコンテンツ管理をしていたことから、Plone を使い始める。最近のオフは、息子と“てっぱく”に行き、鉄道について学習することである。

中西直樹
Plone での開発歴は3.0 リリースの少し前から。俗にいうPlone 学習曲線の2 つめの山場を最近やっと超えた気でいる。
いわゆる『模型鉄』。最近Arduino を使って模型を動かすPython ライブラリを開発中。

堀田直孝
著者紹介で自慢したい肩書きなし。日本という島国社会の既成概念や大義名分に縛られ、知らないうちに洗脳された愚脳の判断に従い他人が正しいと認める生き方よりも、自分の生きる意義を模索し、のたうち回って生きることを選んだアウトロー。金や地位は欲しいが魂は売らない(魂を売った象徴のネクタイは当然しない)、心から義を尽くすための葬式と結婚式以外は正装はせず、総理官邸も穴の開いたジーンズで訪問した経験を持つ。自分に関係ない人物でも権力関係でしか物事が語れない人と金のために人道を平気で無視する人を見ると、いつの間にかread between the lines と心の中でつぶやいている。こんなことを長年思いつつ生きてきたが、ここまで生きてこれたのは妻と娘が一緒にいてくれたおかげ。今回も、妻と娘の執筆に関わる精神的援助には本当に感謝したい。

本多重夫
ricerco corporation(http://www.ricerco.com)代表取締役。CMS、BLOG、SNS などによるビジネスサイト、コミュニケーションサービスのプロデュースを行う。

本多誉子
ricerco corporation 取締役。開発マネジメント担当。でも、本職は社長の車の運転手(だと思う)。古いアルファロメオで営業に行くので、たまに辿り着きません。

間中宏修
1985 年埼玉県出身。大学院卒業後、Web 業界に進む。仕事ではPlone を使ったWebサイトの構築に当たる。趣味であるBeing 系ミュージックに関連するファンサイトを匿名で複数製作。
本書ではワークフロー・セキュリティを担当。

安田善一郎
外資系メーカーでSE を経験したのち90 年代に友人と起業。その後独立し2004 年からフリーランスで活動しています(http://ciel-serein.jp)。
ビギナーのトライアスリートです。ハーフマラソン1 時間56 分台。打合せには可能な限り自転車で行きます。ただいまスイム改造中。でもアイアンマンとかは無理です。

目次

はじめに 3

第1部 基本編 11
第1章 エンタープライズCMS Ploneとは 13
1.1 Webパブリッシングを支えるCMSとは. . . . . . . . . . . . . . . . . 13
1.2 Ploneはエンタープライズ指向のCMS . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
1.3 Ploneのテクニカルバックグラウンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
1.4 Ploneの各バージョンの違い. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
1.5 Ploneの活用方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
1.6 Ploneの画面とログイン後の画面. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
第2章 コンテンツの説明 33
2.1 コンテンツタイプの説明. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
2.2 コンテンツタイプの扱い方. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
2.3 編集メニューの使い方. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
2.4 フォルダとページで簡単にWebサイトを作る. . . . . . . . . . . . . . 69
第3章 管理画面の説明基本編 85
3.1 基本的な設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
3.2 個人設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
第4章 コンテンツ管理の便利な機能 115
4.1 コレクション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
4.2 ポートレット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
4.3 バージョニング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
4.4 コンテンツルール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
第5章 ワークフロー・セキュリティ 145
5.1 ユーザの権限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
5.2 セキュリティの考え方. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
5.3 ワークフローの種類. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
5.4 ユーザとグループ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
5.5 共有設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161

第2部 拡張編 165
第6章 管理画面の説明上級編 167
6.1 2 種類の管理画面――― 「Plone 上のサイト設定」と「Zope 管理インタフェース」. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
6.2 上級者向け設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168
6.3 Zope 管理インタフェース(ZMI) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 180
第7章 プロダクトを使う 189
7.1 プロダクトをインストールして使用する. . . . . . . . . . . . . . . . . 189
7.2 プロダクトを探す. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
7.3 プロダクトの紹介. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
第8章 見た目を変える 231
8.1 ビューレットの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231
8.2 ロゴを変える. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234
8.3 フッターを変える. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237
8.4 CSSを使ってデザインを変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241
第9章 インストール後の運用・管理 257
9.1 運用環境. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257
9.2 PloneとApache連携. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257
9.3 サーバを守るためのセキュリティ設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268
9.4 Zopeデータベースのパック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 271
9.5 サイトのリカバリーに必要なデータのバックアップ. . . . . . . . . . . 274
9.6 データのリストア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
9.7 LDAPと連携. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 282
9.8 クラウドサーバへの対応. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291

第3部 資料編 303
第10章 Plone のインストールと起動 305
10.1 ダウンロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 305
10.2 Windowsへのインストールと起動方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . 306
10.3 Mac OS Xへのインストールと起動方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . 310
10.4 Linux OSへのインストール(Unified Installer)と起動方法. . . . . . 314
10.5 起動時のエラー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 318
10.6 Ploneサイトの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 318
10.7 buildoutを使う. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 320
第11章 ビジュアルエディタ(TinyMCE)を使いこなす 329
11.1 ツールボタンの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 329
11.2 スタイルの追加と変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 332
第12章 Tips & トラブルシューティング 339
12.1 起動できない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 339
12.2 ログイン関係のトラブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342
12.3 ページ読み込み時のエラー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
12.4 UnicodeDecodeErrorがでたとき. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345
12.5 PIL/画像変換問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 346
12.6 メールエンコーディングエラー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 347
12.7 ワークフローのカスタマイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348
12.8 パフォーマンス対策. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 356
12.9 コンテンツを消してしまった場合の対応. . . . . . . . . . . . . . . . . 369
第13章 参考リンク・書籍 373
13.1 メーリングリスト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 373
13.2 参考サイト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 374
13.3 参考書籍. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 374
13.4 ソーシャルメディア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 375
13.5 本書で紹介したサイト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 375

著者紹介 379
索引 382

書籍のご購入について

Talpa-Tech Inc.の書籍は、コンテンツワークス株式会社が提供する「BookPark」サイトよりご購入できます。